柿葉茶の作り方と効能

お茶を飲むのが小学校くらいから好きになって、高価な抹茶や紅茶もよく飲んで楽しんだ。
卵巣ガンになっていらい過去25年くらいは、カフェインがないお茶を飲むのが楽しみなった。
特に自分のガーデンや自然な環境で育ったものを収穫してお茶にして飲むのが大好きです。

c0148962_721431.jpg


秋には柿葉を摘んで柿葉茶を作るのが楽しみ。
フレシッシュな柿葉でも乾燥させた柿葉でもどちらでも簡単に作れる。
フレシッシュな柿葉なら、きれいに拭くか洗って、4カップの沸騰水に5〜6枚を入れて10〜15分ほど煎じる。乾燥した柿葉なら、4カップの沸騰水に小さじ4杯をほど煎じる。

c0148962_741723.jpg


柿葉茶は、ビタミンCが豊富だと聞いていましたので、ちょっと調べてみました。
ビタミンCが豊富でレモンの20倍以上、緑茶
の20倍以上も含まれいてます。また、ビタミンCの
前駆体であるプロ・ビタミンCは体内でビタミンCに
変化するので、調理時に破壊されることがない優
れもの!天然のビタミンCが健康に幅広く役立つことは周知の事実である。

c0148962_763290.jpg


ビタミンCの効果は、
・歯の発育
・皮膚の細胞を健全に保つ
・毛細血管を健全に保つ
・抵抗力を強化
・酸素の新陳代謝に役立つ
・血球を再生するのに役立つ
・血液の凝固時間を早める
・血圧の安定化
・二日酔いの軽減

その他:
・血圧の安定化
・高血圧の予防
・動脈硬化の予防
・心筋梗塞の予防
・生活習慣病の予防
・中風予防
・認知症の予防(ボケ予防、痴呆症予防
・ガンの予防・・・ビタミンCで活性酸素の除去する。
・風邪の予防
・壊血病の予防
・便秘解消
・加齢臭対策(抗酸化作用)
・貧血改善・貧血解消
・糖尿病の予防
・利尿作用
・むくみ
・腎臓病
・心臓病
・歯ぐきの出血
・ビタミンC欠乏症
・シミ対策
・美肌効果
・にきび対策
・花粉症の予防(アレルギー反応が抑制される効果)
・アレルギー性鼻炎
・二日酔いの防止と軽減

柿葉の主要成分:
・アストラガリン(ポリフェノールの一種でアレルギー反応を抑制する効果がある)
・ウルソール酸
・グルコサイド
・ケンフェロール、
・クエルセチン(血管を強化し血圧降下作用がある)
・ビタミンC
・オレアノール酸
・ベツリン酸
・ウバオール
・ヒドロキシウルソール酸
・ルチン(血管を強化し血圧降下作用がある)
・タンニン(血圧上昇を抑える作用と効果)
・タンニン(アルコールを分解する効果)

柿葉の効果・効能:
血圧安定、高血圧予防、高血圧改善

柿の葉茶にはカフェインが含まれませんので、カフェインを含む日本茶や紅茶を飲むと寝つかれなくなる人にお勧めです。また、妊娠中の妊婦さんにもお勧めです。(ビタミンCが豊富でノン・カフェインです。)

いろんな効果や効能がありますが、私は柿葉茶が美味しいので飲んでます。
みなさんも柿葉茶は市販もされてますので、ぜひ試してみて下さい。
らぶ、草千
[PR]

by studio-mugen | 2015-11-11 07:09 | オーガニック・ガーデン  

アニマル・コミュニケーターのワ... >>