カテゴリ:home food/うちのご飯( 3 )

 

草千先生と マクロビ・クッキング (年末スペシャルおまけ版)

昨日の30日は草千先生と一緒にお買い物に行ってまかないのランチを作りました。
草千先生は普段オフィスの仕事に追われていらっしゃるので
ノースフォークでランチを作って頂いていらい以来2回目のお料理です。

朝のお掃除を終えた後
雨の中、サンタモニカのコープ(Co-opportunity)に
食材調達に向かいました。 
✤ http://www.loveericinc.com/commu_eatandshop_ja.html#shopgrocery

秀さんのクッキングスタイルは、どちらかというと
ゆったり、じっくり時間をかけて何種類ものお料理を作るという感じですが
草千先生のスタイルはパパッと20分くらいで作れてしまう、
シンプルスタイルという感じです。
どちらが良い悪い、というのではなく
そんな対称的なお二人の違いを楽しんでいる私です。
ということで昨日作ったものは
テンペのラップサンド、スプリットピーのスープ。
スープは煮ている時間が多少かかりますが、
正直こんなに簡単でいいのっていうくらい、
すぐに出来てしまいました。
私は割と考え過ぎてしまう傾向があるので
あっ、あまり構えなくていいんだ、とちょっと気が楽になりました。
TPOに合わせて、勝負料理(笑)の時、お腹がすいて時間がない時、
有り合わせでやらなくてはならない時、
それぞれの状況に合わせて機転を利かせてやって行きましょう、
と草千先生はおっしゃいます。
✤お醤油で味付けをしたテンペ
c0148962_638094.jpg

✤ラップサンドには炒めた千切りのキャベツを載せ、お好みでマスタード、べジネーズを塗ります。
c0148962_645816.jpg

[PR]

by studio-mugen | 2010-01-01 06:51 | home food/うちのご飯  

美味しい夕飯

先週の金曜日、オフィスで仕事を終えた後、エリック・さなえさん宅でご飯を頂きました。エリックが帰宅していて、わざわざ食事を作ってくれたのです。

ダイニングルームに呼ばれたので行ってみると、大きな鍋に具沢山の味噌煮込みうどんが用意されていました。それ以外にも、山芋の千切りの梅風味や牛蒡と蓮根のきんぴらが並んでいました。

早速、テーブルに着いて3人で食事をしました。「いただきます。」を言ってからそれぞれを取り分けて、まず味噌煮込みうどんの御つゆを口にしてみました。

何だか家庭的でホッとする味です。日本の実家で食べているような気分になりました。この時すでに、僕は確信しました。エリックは以前日本人だったに違いないと...

それから、山芋の千切りやきんぴらも頂きました。山芋の千切りは、梅で和えてあって疲れをとってくれそうなおかずでした。きんぴらは、素朴さのなかにも味わい深さを感じさせてくれる一品でした。

食事中に、僕はエリックにこう言いました。「もし、100人がこの料理を食べたら、100人が日本人が作ったって言うと思うんだけど...」

もちろん全て日本食なのですが、それでもその味の微妙なバランス感覚は、日本人として遺伝的に持っているものだったり、日常生活で経験的に培われてきたものだったりするはずです。エリックは、そういった日本人としての感性や美意識を先天的に持っているようです。

Seedに出しているメニューとは全く違う食事をさせてもらって、とても驚いてしまいました。エリックの新たな一面を垣間見たような気がします。彼はまるで、料理のマジシャンです。

久しぶりに、犬たちや猫のいる家族団欒のような食事をすることができました。

感謝。

のぶ

c0148962_2381528.jpg

[PR]

by studio-mugen | 2009-06-02 02:54 | home food/うちのご飯  

今日のお昼ごはん と マイ箸

c0148962_16301472.jpg
今朝、草千先生が炊かれた、チックピー入りの玄米ご飯です。なんだかとても可愛らしい。かにの穴もぽこぽこできていて、本当においしそう~。玄米も、短粒と長粒が半分ずつまぜてあるそうです。とても軽い感じで、暑い日には最適です。



c0148962_16342481.jpg
さっそく、お昼ごはんに、さやいんげんと人参の胡麻和えと一緒にいただきました。チックピーがほくほくと甘くて、幸せな気分になりました。



にゅうめんのお椀の上にのっているお箸は、なんと、草千先生とスタッフのジュンコさんの手作り ”マイ箸” です。(手前のこげ茶色のお箸が草千先生、うす茶色のがジュンコさんのお箸) 以前、彫刻家の古賀三郎先生が、ここstudio-mugenで、お箸作りのクラスを開いてくださった時に作られたそうです。とてもしっかりして、使いやすそう...木の種類もいろいろあって、自分の好きな材料を選べると聞きました。

私も”マイ箸”、欲しいです! 参加人数が5人以上集まれば、またクラスを開いてくださるそうなので、一生使える、ご自身の持ち箸を作りたい方!ぜひ、ご連絡ください。大事な人へのプレゼントにもオリジナルでいいですよね~。

マコ
[PR]

by studio-mugen | 2008-07-11 16:50 | home food/うちのご飯