<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

サンセット・メディテーション

サマータイムが始まって日が長くなり、少しずつ暖かくなってきている気配を感じる今日この頃ですが、皆さんはどうお過ごしですか? 

僕は、休みの月曜日を利用してサンセットを見にPalos Verdes まで行ってきました。Torrance 方面に用事があり、そのついでに寄ってみたのです。

着いたのがまだ早く明るかったので、車の中で待ちながらうとうと居眠りを始めました。気が付くと1時間位寝ていたみたいで、辺りを見渡すと少し薄暗いオレンジ色に変化していました。

僕は早速車から降りて、大きく深呼吸をして美味しい空気を頂きました。その後、柵を越えて岸壁の近くまで行ってみました。海の方を覗き込んでみると、結構距離があって少し慄いてしまいました。

しばらく夕陽を眺めていると、心の中の色々な言葉が少しずつ消えていってゆったりとした気持ちになれます。そこでまず、目を軽く閉じて、普段身近にいる人たちや家族に感謝の気持ちを述べました。それから、その枠を徐々に広げていって、海、太陽、周りの木々、それとそれらを取り巻く空気に感謝してみました。

そして、そのような自然に感謝している自分自身に「ありがとう。」を言ってみました。そうすると、自分と自然の境が曖昧に感じられて、結局「人間は、自然の一部である。」と思えてきたのです。

普段僕らは、他の人たちとの関係において「自分とは何か?」を意識的にも無意識的にもやっているように思えます。しかし、時にはそのような関係や自分のアイデンティティのようなものも忘れて、自然にフォーカスしながらあるがままの体験をしてみるのも良いかもしれません。

そうすることで、こだわりの自分が、何かもっと大きい生命の一部として存在しているように感じられることがあるからです。そして、そのような意識に立ってもう一度生活環境を眺めてみると、今までにない発想や違った物の見方、或いは新しい発見ができそうです。

コンシャス(意識の高い)ビジネスを標榜する人たちが積極的にメディテーションを取り入れているのも、そうしたことと関係があるのかもしれません。Seed もそれに洩れず、コンシャスピープルによるクリエイティブな経営のかたちを示していきたいものです。

サンセットの余韻を楽しみながら家路をたどる途中、いつもの風景が少し違って見えている気がしました。

のぶ

c0148962_1405919.jpg

[PR]

by studio-mugen | 2009-03-19 18:05 | スタッフ日記  

My箸クラス

先日の日曜日にSeedにて、箸作りのクラスが開かれました。

古賀先生の指導のもと約3時間に及ぶクラスでしたが、4人の生徒はそれぞれのペースで自分の箸を仕上げていきました。短時間で終わる人もいましたが、僕は仕上げにかなりの時間を要しました。

まず、35種類の木から自分の好きなものを選びます。それから、実際に木を削る作業に入っていくのですが、これがなかなか難しいのです。

箸作り用の台と切り出し(ナイフ)をうまく使って削るのは、初心者の僕には慣れるのに時間が掛かります。

また、切り出しその物の使い方が巧くいかず、思ったように切れません。刃の先の部分を使って削っていくのですが、安定した削り方ができないままクラスは終了してしまいました。

古賀先生に手伝ってもらったおかげで、何とかMy箸は出来上がりました。「仙人箸のようだね。木の選択が良かったんだよ。」先生のその言葉だけが救いでした。

クラス後は、早速その箸でSeed のSai Sai Bowlを食べてみました。自分で(?)作った箸で食べるSai Sai は格別においしいと感じました。

My箸作りを通して学んだのは、物を大切にする心です。自分の箸を持ち歩いて使うことで、それ以外の物に対する慈しみの心も芽生えていくように感じます。

作り手の心が宿る物とそれをきちんと感じられる心は、これからの持続可能な社会を実現するに当たってとても大切に考えられます。

そこで、自分自身の生活における反省も含めながら、皆さんと一緒に物を大切にする心を育んでいけたらと思っています。

のぶ

c0148962_13511587.jpg

[PR]

by studio-mugen | 2009-03-04 10:17 | エコ・クラフト(手作り)