<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

原発の現場で働いているご家族からの願い!!!

原発の現場で働いているご家族からの依頼メールが
日本の友人を通して入ってきました。

これは数日前のものですので、状況は少し変わっていますが。

現在の状態で、色々な想いや体験、考えが一人一人に湧きあがっていると思います。
ネガティブ(否定的)、ポジティブ(肯定的)色々あると思いますが、それとしっかりと向き合い、
昇華しながら、できれば怒りや悲観、大きく揺れる感情から
来るものではなく(動機はそこでもいいと思いますが)、
それを「愛」と「赦し」に変換したそういう想いでこの願いが広がるのを祈ります。
これからの日本を救えるのはこの想いだと信じています。
想いは目に見えませんが、必ずあるのです。
もしかすると、忘れかけていたかもしれないこの想いを取り戻すのは、「いま」です。

たくさんの方に伝えて祈っていただけることを私は願います。
そして祈ってます...

Buddha©

皆さん
どうかお願いがあります。
みなさんからの祈りをお願いします。

今、福島原発で、
命がけで我々の国この日本を、
日本国民を、
あなたを、
あなたの家族を救う為に、
懸命に仕事をしている人々がいます。

どうか祈って下さい。

作業が成功することを。
自衛隊特殊化学防護隊の隊員たちは志願者です。
しかも年齢は55歳から上で、
もう子育ても終わったので、
思い残す事は無いと志願者となったようです。

その様な志願者が50名。
時事通信社の記事があります。
東電が全国の電力会社、協力企業に助けを求めました。
志願者です。

決死隊として原発の内部作業をする原発関係者のベテランを募ったのです。

中国電力の原発勤務40年というある男性が、
この作業は自分達のようなベテランがやるべきだ、
自分は定年まで後一年であるし、
子育ても終わったとして志願したそうです。

ご家族は、
静かに思いを語る自分の夫であり、
子供たちの父親の決意に、
何も言えなかたそうです。

その方の娘さんは、
今までと違う父のもの静かな顔を初めて見たそうです。

翌朝、いつも出勤する時のように、
『じゃあ、いってくる』と言って玄関を出たそうです。

原発での作業中は、放射線による被爆があります。

国が定める限界被爆単位100ミリシーベルト。
それが250ミリシーベルトになりました。
何故なら彼等が望んだからです。
100ミリシーベルトではすぐ時間が経ってしまい数分では作業ができないからです。
だから彼らは国に250ミリシーベルトに上げてくれと言いました。
その為の自分たちへの被爆量は覚悟の上です。

そのおかげで、
昨日、あと一歩で臨界点と言う所で臨界が止まったのです。

もし臨界点に達していたら…

私達は今、
この時を
この時間を
過ごしていません。

家族と恋人と仲間、
友人とこの時間が無かったかもしれないのです。
半径300キロ生物の生存率は、
限りなくゼロに近かったんです。

今のこの時間は、
彼等のおかげなのです。
お願いです。
みなさん祈ってください。
作業が成功するように祈ってください。

みなさんの思いを送ってください。

今日 放水作業が無事終わりました。

明日の作業も成功するように…。

隊員たちが無事であるように…。

どうか祈ってください。
どうかお願いします。

そして家族、友人、仲間、一人でも多く方々に
知ってもらい、
祈って欲しいので伝えてください。
お願いします。

以上


隊員さんたちの勇気ある行動と覚悟があってこそ今のわたしたちの命があること
深く深く感謝して祈りましょう。

すべての闇を引き受け、すべての人に愛と光を祈ります。

Love,
Sanae
[PR]

by studio-mugen | 2011-03-24 06:43 | 草千日記  

放射線予防の3つの非常食

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震において
津波などでの被災 にあわれた地域の皆様に、
謹んでお見舞い申し上げますとともに、
犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、
深くお悔やみを申し上げます。

一日も早い復旧・復興を心よりサンタモニカからお祈り申し上げます

今朝は死者・行方不明者1万931人 発表があり(日本時間16日午前0時現在 警察庁)
 警察庁によると、16日午前0時現在、東北など12都道県警が検視などで
確認した死者数は3373人に上った。
家族や知人から届け出のあった行方不明者は7558人で、
死者と行方不明者は合わせて1万人を超えた。重軽傷者は16都道県で計1990人になっている。

その上、福島原発が相次いで起こっているため、 東京都でも15日、都内の観測施設で、通常の20倍以上の放射線量を観測したと発表している。

私の家族は名古屋で無事だったが、ニュースを見て
胸を抉られるような気持ちでいてもたってもいられない。
私にも何かできないか??? と思って

緊急時、特に放射線予防の非常食をここに書きますので、
たくさんの人々に知らせてあげて下さい。
毎日:
1.昆布と根菜、熟成麦味噌で調理した味噌汁1〜2杯を食べる。
2.玄米、きび、ひえなどの全粒穀物をごま塩と梅干し一緒に食べる。
3.脂っこいものや、動物性タンパク質、アルコール類を控える。

料理ができない場合は、与えられた 食べ物か手に入る食品と一緒に海藻(わかめ、昆布、海苔),
梅干しを食べて、味噌は飲み水で溶いて少しでもいいので、そままよく噛んで、噛んで、噛んで食べる! 
そして瞑想とお祈りをしてください。お願いします!!!

IMG_5918

海藻、梅干し、味噌 冷蔵が必要ないので、 被災 がない私たちも
非常食として必ず備えておくと良い。

これらのものが手に入らない場合は、一時的にヨウ素剤を服用する必要がある。


何かしたいと思う人はまずお祈りをして下さい。そして瞑想!!!
目を閉じて日本のこと日本にいる人々のことを心から思ってあげて下さい。
祈りと瞑想はパワーフルです!!!!!

そしてどんなに少しでもいいですので募金をして下さい!!!
お願いします。

いろんなところから募金できますが、
南カリフォルニアに住んでいる方なら下記のところからどうぞ。

JAPANESE CHAMBER OF COMMERCE FOUNDATION

244 S. San Pedro St #504, Los Angeles, CA 90012
Tel:(213)626-3067, Fax: (213)626-3070

IRS Subsection 501(C) (3): Tax ID# 95-4633602


南加日商基金は、日本で始動している救援復興作業に大量に不足する物資、医療活動、
被災者保護活動などに少しでも役立つよう願い救援人道支援の 募金を開始しました。

義捐金は全額がUNICEF L.A.からUNICEF JAPANを通し被災地に送られます。

寄付金チェックの宛先:U.S.Fund for UNICEF

(メモにJapan Disaster Fundと記入して下さい。)

なお寄付金は所得控除対象になります。

送付先:Japanese Chamber of Commerce Foundation
244 S. San Pedro St., #504
Los Angeles, CA 90012

締め切り:2011年4月30日

問い合わせ: Tel(213)626-3067 Fax (213) 626-3070

E-mail office@jccsc.com


Love,
Sanae
[PR]

by studio-mugen | 2011-03-16 05:15 | 草千日記