<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

マクロビ料理を楽しもう! 〜お豆、お野菜編〜

みなさん、こんにちは。

今年のサンタモニカは例年になく異常な寒さだったとの事ですが、
先週末から気温もグングン上がり、暖かい日が続いております。
そうなるとみなさん、もう半袖やキャミソールです。
私は未だヒートテックがかかせないのですが・・・(汗)

さて、マクロビクッキングクラスのご報告です。
先週で第7回が終了し、折り返しを過ぎてしまいました。(涙)
数回に分け、豆料理、野菜料理のレクチャーと実習、陰陽の入門編を学びました。

お豆料理は日本の食卓ではお馴染みですね!
しかし実を言いますと私、今まで自分で乾燥豆を戻して使った事がなかったのです・・!!!
茹大豆や缶のミックスビーンズを使っておりました。
マクロビ的にはアウトですね。反省です。

めんどくさそ〜、時間かかりそ〜、と敬遠していましたが、
やってみるとそうでもないのですね。
c0148962_9131472.jpg

c0148962_9134243.jpg

これは、キドニービーンズを一晩水に浸けたものです。
豆が割れて、芽が膨らんでいます。
昨夜、パチパチと弾ける音がしていたのはこれだったのですね。
お豆さんも生きている証拠です。
c0148962_9193662.jpg

豆を煮ている際に浮かんでくる泡はすくってください。
これはおならの原因になるらしいですよ! 
あと、お豆を浸けておいたお水も。。(知って良かった!)

c0148962_9252956.jpg

これはテンペです。
聞いた事のある方は多いと思いますが、実際に料理で使った事のある方は少ないかもしれません。
私もその一人です。
インドネシアの伝統的な発酵食品です。
大豆をブッロックにしたバーのような感じで、さくさく切って使えます。
この時はごま油で炒めて、かぼちゃ等、他のお野菜と一緒にソテーしました。
こんがりと焼けたテンペは香ばしい香りで、お肉の代わりになります。

次の回ではロールキャベツの具にもなりました。
c0148962_9422227.jpg

これ、よーく見て下さい。
つまようじの代わりに竹のようじで留めています。
なんと、クラスが始まる前に、先生のお庭の竹の細枝を削って作ったのです!
大きくてしっかりしているのでちゃんと留まる、そして何より見栄えがいい!!
アイディアですよね、すごいな〜とまたいつものように感心してしまいました。

c0148962_9363117.jpg

お豆の代わりにタンパク質を摂るお料理として、玄米アーモンドご飯を教えて頂きました。
ご飯にアーモンド!? って感じですが、これが大ヒット。
おいしー!!
女性はもちろん、子供や男性にもうけるだろうな〜って思いました。

野菜のクラスでは煮しめや青菜のくるみソース、レンコンの梅酢漬け等を教わりました。
c0148962_9522871.jpg

くるみを炒って、薄皮を取り、摺ります。
すり鉢の隣にあるのが、アメリカで良く見かけるお味噌です。
その名も "MISO MASTER"。
これがすごいんですよ、種類が多いのです。
麦みそ、白みそ、赤みそ、豆みそ、玄米みそ、ひよこ豆みそ(!)などなど。。。
日本でもこれだけ揃ってる見る事はあまりないですよね。
このくるみソース、茹でた菜っ葉や蒸し野菜のディップとしても大活躍しそうです。

漬け物も、今まで自分では作った事がありませんでした。
はすを薄くスライスしてさっと火を通し、梅酢で漬けます。
ほんのりピンク色が付き、見た目も美しいです。(写真では伝わらず、残念!)
c0148962_12201328.jpg

お正月の箸休めにも良さそうです!

お野菜の会はこんな感じになりました☆
c0148962_1221655.jpg


お豆にしてもお野菜にしてもいろんな料理ができるんですね。
マクロビ初心者さんはお料理が単調になりやすく、ギブアップしてしまう方も多いそうです。
私も最初は恐るおそる調味料を入れ、とりあえず薄味ならいいか〜と思って食べてました。
こういう事をしていると食事に満足出来ず、辛くなってしまうそうです。
幸い私は、週に1度はクッキングクラスでおいしい食事をしていますので、
ギブアップせずに続けられています。
バリエーション豊かに料理する事が、マクロビを長く、楽しく続けるコツなんでしょうね。
使った事のない食材、調味料、料理法にはなかなか手が出せなかったりしますが、
一度やってみると案外上手くいったり、気に入ったりします。
そう自分にも言い聞かせて、私もマクロビ料理の幅を広げていきたいです。(^^)

陰陽入門レクチャーも始まりましたが、それはまた次回にご報告します☆

Aya
[PR]

by studio-mugen | 2013-01-22 13:08 | 体験ホームステイ・ゲスト  

North Fork

みなさん、明けましておめでとうございます。
あっと言う間に、七草粥も過ぎてしまいました。(なにもしておりませんが。。)
アメリカでは仕事始めは2日からのところが多いようです。
日本人的には三が日くらいゆっくりしたいところですよね。

私のマクロビ生活も1/3が終了しました。
こちらもあっと言う間です。
引き続き、少しでもスタジオMugenでの生活をご紹介出来るようにアップしていこうと思いますので、みなさま今年もどうぞよろしくお願い致します。

新年のご挨拶をしておいてなんですが、まずはクリスマスのご報告からさせてください
(汗)。
12/23日から26日までノースフォークというヨセミテの近くの先生のペンションに行ってきました。
サンタモニカから車で4、5時間のところです。
c0148962_7375480.jpg

ノースフォークは小さな村で、自然の中で人が暮らしている、そんな感じのところでした。
木々の中に家が建っているので、とても静かで、お家の側を通っている小さな小川のせせらぎが優しく聞こえてきます。

c0148962_750476.jpg

この木、ちょっと変わっていると思いませんか?
マンザニタというカリフォルニアの木だそうです。加工してあるのかと思いました。
この他にもたくさんの野生の植物がひっそりと、でも力強く生きていました。
自然の力ってすごいですね。

c0148962_815060.jpg

ちかくの見晴らしスポットに瞑想をしに行きました。
空は大きく広がって、山々と湖が一望出来る、絶景スポットです。
聞こえるのは、たまに近くを通る車の音だけ。。
瞑想もまだまだ初心者の私ですが、太陽の暖かさ、風の清らかさを肌で感じ、なんだか頭がスッキリしました。

瞑想と言えば、近くに瞑想合宿(日本語だとすごい感じですね。)をする所があります。
Vipassana Meditationてご存知ですか?
そのセンターの一つがノースフォークにもあります。
食事、睡眠以外は基本的に瞑想をして過ごすプログラムです。
しかも10日間!!
瞑想タイム以外も話してはいけない、本を読んではいけない、人と目を合わせてはいけない、と完全に他と関わる事を禁止されます。ただ自分と向き合うだけです。
年末年始の休みを利用していらっしゃる方も多いとの事、今回も120人程の方達が参加されると聞きました。
先生も何度も来られているとの事、すごく良いんだそうですよ。
私にはまだまだ未知の世界ですが、いつかチャレンジしてみたいです!

さて、話を戻して、先生のペンションをご紹介したいと思います。
c0148962_1520176.jpg


リビングには大きな暖炉、右側にキッチンがあります。
c0148962_8514338.jpg

下の階には、瞑想したり、ヨガをしたりできるスペースもあります。
夏場は外のウッドデッキで朝食を食べたりもするそうです。気持ちよさそう〜。
先生は将来的に、ここで小さなカフェを開いて、マクロビのクッキングクラスをしたり、ヨガをしたり、瞑想したり、そんなコミュニティーの場にしたいそうです。
みなさんを代表して強く賛成しておきました(笑) 楽しみですね!

ご主人のエリックさんのディナーも毎回スゴイ!のひと言。
c0148962_97992.jpg

これは、イヴのクリスマスディナー。
手前からかぼちゃに詰め物をして丸ごと蒸したものに干し椎茸のクレービーソースがかかったもの、クルミやお野菜等が入ったワイスドライスを炒めたもの、紫芋のマッシュポテト、ボイルしたグリーンです。
(説明がざっくりですみません。何が入ってるのか分からない、でもすごい美味しいんです。。)
マクロビでこんなことができるのか〜とただただ感心。
デザートは近くで採ってきたという小さなリンゴのタルトタタン。
c0148962_9204844.jpg

甘酸っぱくておいしい〜! しあわせ〜!

朝食は先生のマクロビ朝ご飯です。
c0148962_927578.jpg

オートミールを柔らかく炊いたものにパンプキンシードを炒ったものをかけています。お汁は昆布と干し椎茸のお出汁がしっかりきいたお野菜たっぷりのお味噌汁です。
体に優しく入っていきます。ほっこりしたおいしさです。
朝日を浴びながらみんなでいただきました。

時間がゆっくりと過ぎていました。
昼は川に行ったり、ハイキングに行ったり、夜は暖炉にあたりながらDVDを見たり、編み物をしたり。。
6匹のワンちゃんたちと一緒にソファーでくつろぎました。
c0148962_1545422.jpg

最終日は少し雪も降りました。
雪景色もキレイでした。
すごく贅沢な時間を過ごさせて頂きました。

今までは海に行く事が多かったのですが、山も捨てがたいですね。癒されます。
そういう気分になるのも心が落ち着いていたからなんでしょうね。
先生達は週末だけでもたびたびこちらに来て、リラックスするのだそうです。
私も自分の癒しの場所を探したいな〜。
日本に帰っても自然に触れてリラックスする、そんな心のゆとりを大切にしたいです。

Aya
[PR]

by studio-mugen | 2013-01-08 15:25 | 体験ホームステイ・ゲスト